オンラインカジノの信頼性


オンラインカジノの信頼性について

オンラインカジノと聞くと日本では違法じゃないの?
とか、日本でカジノやったら危険じゃないの?
と思われることもあります。

まず、なぜオンラインカジノが違法だと思われるか。
日本の法律では、国内でカジノをすることは賭博罪により違法行為になります。
ですが、例えば日本人が香港、マカオ、シンガポール、ラスベガスなどの海外にあるカジノに行って遊んだら違法か、というと違法ではないです。
オンラインカジノを日本でプレイすることは、海外のランドカジノでカジノゲームをするのと同じです。

オンラインカジノの違法性については、当サイトのこちらのページをご参照ください。
オンラインカジノの違法性・合法性

オンラインカジノの信頼性は下記の理由によります。
・運営ライセンス制度がある
・運営会社が上場している
・スポンサーとして社会的に認知されている
・情報の管理体制が万全

運営ライセンス制度がある

香港、マカオ、シンガポール、ラスベガスなどのランドカジノは運営ライセンス制度をとってギャングによる運営を排除し、経営者による運営になってから健全化して今に至るという背景もあります。
オンラインカジノも運営ライセンス制度を採用しているので、信頼性が高くなっています。

運営ライセンスは国や政府、それに準じる機関が発行しています。
ライセンスを発行するためには、
・経営者の背景
・プレイヤー資金の管理体制
・プレイヤーデータの管理体制
・ゲームの公平性
・ギャンブル依存症対策
・マネーロンダリング対策
について、厳正に審査しています。

運営ライセンス発行後も、
・運営体制のチェック
・プレイヤー保護
のために監視を行っているので、運営ライセンスを取得している会社は信頼できます。

運営ライセンスについては当サイトのこちらのページをご参照ください。

⇒「オンラインカジノの運営ライセンスの制度」はこちら

運営会社や関連会社が上場している

オンラインカジノが特に盛んなヨーロッパでは数多くのオンラインカジノ運営会社、ゲームメーカー、決済会社が上場しています。

上場しているということは社会的責任があるため、コンプライアンスを遵守しているので、法律や公平性に反することをするとは考えられません。

テレビCMやスポーツチームのスポンサーをしている

オンラインカジノが巨大産業となっているヨーロッパでは、オンラインカジノ関連企業がテレビCMやスポーツチームとスポンサー契約をしています。

日本と同様、ヨーロッパでもオンラインカジノに関する法律は明確ではないケースが多いですが、社会的に認知されています。
近年は法整備が行われ、納税義務も発生しており、合法化へと部分的に進んでいるので、今後ますます影響力を増していくのではないでしょうか。

情報管理のセキュリティ体制が万全

オンラインカジノでは個人情報や入金出金などのお金に関する情報など、重要な情報を管理しています。
利用者としては情報管理のセキュリティ体制は非常に重要です。
オンラインカジノの運営会社では個人情報を暗号化し、万全な体制で管理しています。

ゲームの公平性ですが、乱数ジェネレーターにより管理しているので、運営側やプレイヤー側で操作することができないようにしており、公平性が保たれています。
ゲームはオンラインカジノ運営会社ではなくゲーム会社が制作しているので、運営会社が操作することもないので詐欺やイカサマの心配はないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました