オンラインカジノとは何か


よく聞くオンラインカジノとは

最近、よく聞くようになったオンラインカジノ。
初めて聞いたときは、ネットでできるカジノゲーム、という印象でした。

オンラインカジノとは、オンラインでできるカジノです。
日本ではカジノは違法なので、カジノをやろうと思ったら、ランドカジノのある香港、マカオ、シンガポール、ラスベガスなどに行くしかなかったです。
オンラインカジノだと、開店時間や閉店時間も気にせず、いつでもどこでもカジノを楽しむことができます。

従来のギャンブルにはない特徴やメリットがあるので、これから日本でも流行っていくでしょう。

オンラインカジノは違法じゃないの?
日本でやっても大丈夫なの?
という疑問のある方は、当サイトのこちらの記事を読んでもらえると解消するかと思います。
オンラインカジノの違法性・合法性について

オンラインカジノとは何か、がわかるように、オンラインカジノの特徴についてまとめてみました。

他のギャンブルよりも還元率が高い

オンラインカジノの魅力は何といっても、還元率(ペイアウト率)の高さ。

パチンコ、スロット、日本の公営ギャンブルと比較して、オンラインカジノは還元率が高いです。
還元率とは、「売上のうち、プレイヤーが当たったときに支払う金額がどれくらいか、という割合」です。
プレイヤーとはプレイヤー全体のことなので、一人のプレイヤーに還元率の分が返ってくるというわけではないですが、プレイヤーの取り分が多めということは確かです。

ちなみに主要なギャンブルの還元率と比較すると、
競馬・競艇・競輪・オートレースが約75%
パチンコやパチスロが70~85%
に対し、
オンラインカジノは約95%(92~98%)となっております。
圧倒的に還元率が高いです。

オンラインカジノの還元率の高さの理由は、ネットでサービスを提供することで人件費や土地代、家賃などの経費を抑えられるからです。
還元率が高いから、なにかあやしいとか詐欺とか、ではないです。

還元率が高いということは、儲けるチャンスが多いということなのでオススメです。

宝くじのように一獲千金が狙えるゲームがある

オンラインカジノではパチスロやリアルカジノのように、実際にお金(リアルマネー)を賭けるので、勝つとお金が増えます。
定番のカジノゲームからオンラインカジノ独自のゲームまでいろいろありますが、宝くじの1等当選のように、数億円をゲットするチャンスがあるゲームもあります。

一獲千金が狙えるゲームは、スロットゲームのジャックポットです。
賭け金の一部を積み上げて、大当たりをした人が総取りできるのがジャックポットです。
キャリーオーバーされた金額はタイミングによるのでピンからキリまでありますが、高額になると数百万ドル(数億円)にもなっているゲームもあります。

海外ではジャックポットで数億円を当てた人もいるので、オンラインカジノで億万長者になる日本人がそのうち出てくるでしょう。

24時間いつでも遊ぶことが可能

オンラインでできるので、ネット環境さえあれば、24時間いつでもどこでも遊ぶことが可能です。
モバイル対応もしているので、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットでもプレイできます。

スマホゲームやモンストみたいな感じで、空き時間や移動時間でも手軽にできるのがオンラインカジノのいいところです。
すきま時間に副業みたいな感じで、時間を有効活用しながら稼ぐということもできます。

パチスロのようにお店に行かなくてもいいし、開店前に早朝から並ばなくてもいいんです。
規制がかかって以前のようにパチスロで稼げなくなったと嘆いている人にはチャンスだと思います。

チップを購入した分に応じたボーナスチップをもらって遊べる

オンラインカジノ独特の制度に「ボーナス」があります。

カジノでは現金をチップに換えてから遊ぶのですが、各カジノが提供しているキャンペーンの条件を満たしたら、チップをボーナスという形でもらえるというものです。
ボーナスは使用条件などが制限されていますが、リアルマネー同様にゲームに使用できます。

ボーナスチップが増えた分だけ遊べるので、楽しみと稼げるチャンスが増えます。

安心して遊べるのは運営ライセンス制度のおかげ

オンラインカジノを日本でプレイすることは違法ではなく、詐欺やいかさまもないのは、運営ライセンスのおかげです。
ラスベガスがカジノにより経済的に潤ったのは、カジノ運営に運営ライセンス制度を取り入れたからです。

ランドカジノ同様に、オンラインカジノにも運営ライセンス制度をとったことで、プレイヤーは安全に遊べるし、健全なカジノ経営がなされるわけです。

運営ライセンスに関しては、当サイトのこちらの記事を読んでもらえると解消するかと思います。

⇒オンラインカジノの運営ライセンスの制度

コメント

タイトルとURLをコピーしました