オンラインカジノの歴史


オンラインカジノの歴史

最近、耳にするようになったオンラインカジノ。
オンラインカジノは日本で広まってきたのは最近ですが、20年以上の歴史があります。

オンラインカジノは、1994年にヨーロッパ市場にて初めて登場しました。
アンティグア・バーブーダという島国が世界初のオンラインカジノの運営ライセンスを発行したのがオンラインカジノの誕生のきっかけです。
現在では、複数の国々ででライセンスが発行されています。

合法的にオンラインカジノを運営するにはライセンスが必要になります。
ランドカジノ(ハウスカジノ)もライセンス制度を取り入れてから健全に運営されています。
ライセンス取得には出資者や取締役の背景チェック、運営体制やゲームの公平性などの審査を通る必要があります。
英国、マン島、マルタ共和国、ジブラルタル、フィリピンなどがライセンスを発行している代表的な国です。

ライセンス機関の普及と規制の改善により、プレイヤー保護、マネーロンダリングの防止体制が強化されています。
ライセンス取得後も健全に運営されているか監視してされているため、プレイヤーにとって安全な環境が確保されています。

オンラインカジノ業界の評価

世界でも特にオンラインカジノが盛んなのはヨーロッパで、数多くの運営会社、ゲームメーカー、決済会社が上場しています。
日本ではなじみがまだあまりないですが、オンラインカジノ業界の各企業がテレビCMやスポーツチームスポンサー契約なども頻繁に行われています。

多大な影響を与えるスポンサーになれるということは、オンラインカジノ業界が健全であり評価されている業界と認知されている証拠dす。

オンラインカジノに関する法律は、日本に比べて活発なヨーロッパ各国も明確ではないケースが多いですが、近年は法整備を整い、一般企業と同じく納税義務も発生しています。
米国市場も各州ごとに法整備が整いはじめており、合法化、もしく部分的な合法化となってきています。

日本も賭博法やカジノ法案などの法整備が整っていく流れにあります。

オンラインカジノ業界はルーレット、バカラ、ブラックジャックなどのカジノゲームだけでなく、今では様々なゲームの種類を提供しています。
対戦型ポーカー、スポーツブック、ビンゴ、Eスポーツなどもあり、楽しみの幅が広がっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました